信心決定とは?

一帖目第一五通 
問うていはく、当流をみな世間に流布して、一向宗となづけ候ふは、
いかやうなる子細にて候ふやらん、不審におぼえ候ふ。
 答へていはく、あながちにわが流を一向宗となのることは、
別して祖師(親鸞)も定められず、
おほよそ阿弥陀仏を一向にたのむによりて、みな人の申しなすゆゑなり。
しかりといへども、経文(大経・下)に「一向専念無量寿仏」と説きたまふゆゑに、
一向に無量寿仏を念ぜよといへるこころなるときは、一向宗と申したるも子細なし。
さりながら開山(親鸞)はこの宗をば浄土真宗とこそ定めたまへり。
されば一向宗といふ名言は、さらに本宗より申さぬなりとしるべし。
されば自余の浄土宗はもろもろの雑行をゆるす、わが聖人(親鸞)は雑行をえらびたまふ。
このゆゑに真実報土の往生をとぐるなり。
このいはれあるがゆゑに、別して真の字を入れたまふなり。
 またのたまはく、当宗をすでに浄土真宗となづけられ候ふことは分明にきこえぬ。
しかるにこの宗体にて、在家の罪ふかき悪逆の機なりといふとも、
弥陀の願力にすがりてたやすく極楽に往生すべきやう、くはしく承りはんべらんとおもふなり。
 答へていはく、当流のおもむきは、信心決定しぬればかならず真実報土の往生をとぐべきなり。
さればその信心といふはいかやうなることぞといへば、
なにのわづらひもなく、弥陀如来を一心にたのみたてまつりて、
その余の仏・菩薩等にもこころをかけずして、
一向にふたごころなく弥陀を信ずるばかりなり。
これをもつて信心決定とは申すものなり。
信心といへる二字をば、まことのこころとよめるなり。
まことのこころといふは、行者のわろき自力のこころにてはたすからず、
如来の他力のよきこころにてたすかるがゆゑに、まことのこころとは申すなり。
また名号をもつてなにのこころえもなくして、ただとなへてはたすからざるなり。
されば『経』(大経・下)には、「聞其名号信心歓喜」と説けり。
「その名号を聞く」といへるは、
南無阿弥陀仏の六字の名号を無名無実にきくにあらず、
善知識にあひてそのをしへをうけて、この南無阿弥陀仏の名号を南無とたのめば、
かならず阿弥陀仏のたすけたまふといふ道理なり。
これを『経』に「信心歓喜」と説かれたり。
これによりて、南無阿弥陀仏の体は、われらをたすけたまへるすがたぞとこころうべきなり。
かやうにこころえてのちは、行住坐臥に口にとなふる称名をば、
ただ弥陀如来のたすけまします御恩を報じたてまつる念仏ぞとこころうべし。
これをもつて信心決定して極楽に往生する他力の念仏の行者とは申すべきものなり。
あなかしこ、あなかしこ。
 [文明第五、九月下旬第二日巳剋に至りて加州山中湯治の内にこれを書き集めをはりぬ。]
1-15.jpg

*****
念仏称えただけでは、往生はできないと書かれている。
如来の他力によって助かるとある。
今までによると、
往生するには、まづ信心決定をしなければならないのである・
どこで?それはまだこの一帖目第一五通までには、書いてない。
ここで分かるのは「善知識」という言葉がが初めてでてきた。
[南無阿弥陀仏の六字の名号を無名無実にきくにあらず、
善知識にあひてそのをしへをうけて、
この南無阿弥陀仏の名号を南無とたのめば、
かならず阿弥陀仏のたすけたまふといふ道理なり。]
故に、往生するには「善知識」に遇わなければならない。
善知識の存在が重要である。
これも後の御文章に書き表されている。
楽しみ、楽しみ。
 合掌 なむあみだぶつ、南無阿弥陀佛



「唯除五逆誹謗正法」

一帖目第一四通
そもそも、当流念仏者のなかにおいて、諸法を誹謗すべからず。
まづ越中・加賀ならば、立山・白山そのほか諸山寺なり。
越前ならば、平泉寺・豊原寺等なり。
されば『経』(大経)にも、
すでに「唯除五逆誹謗正法」とこそこれをいましめられたり。
これによりて、念仏者はことに諸宗を謗ずべからざるものなり。
また聖道諸宗の学者達も、あながちに念仏者をば謗ずべからずとみえたり。
そのいはれは、経・釈ともにその文これおほしといへども、
まづ八宗の祖師龍樹菩薩の『智論』(大智度論)にふかくこれをいましめられたり。
その文にいはく、「自法愛染故毀呰他人法 雖持戒行人不免地獄苦」といへり。
かくのごとくの論判分明なるときは、いづれも仏説なり、
あやまりて謗ずることなかれ。
それみな一宗一宗のことなれば、
わがたのまぬばかりにてこそあるべけれ。
ことさら当流のなかにおいて、なにの分別もなきもの、
他宗をそしること勿体なき次第なり。
あひかまへてあひかまへて、一所の坊主分たるひとは、
この成敗をかたくいたすべきものなり。
あなかしこ、あなかしこ。
  [文明五年九月下旬]
1-14.jpg


他力の信心とは

一帖第三通
そもそも、ちかごろは、この方念仏者のなかにおいて、
不思議の名言をつかひて、これこそ信心をえたるすがたよといひて、
しかもわれは当流の信心をよく知り顔の体に心中にこころえおきたり。
そのことばにいはく、
「十劫正覚のはじめより、
 われらが往生を定めたまへる弥陀の御恩をわすれぬが信心ぞ」といへり。
これおほきなるあやまりなり。
そも弥陀如来の正覚をなりたまへるいはれをしりたりといふとも、われらが往生すべき他力の信心といふいはれをしらずは、いたづらごとなり。しかれば向後においては、
まづ当流の真実信心といふことをよくよく存知すべきなり。
その信心といふは、
『大経』には三信と説き、
『観経』には三心といひ、
『阿弥陀経』には一心とあらはせり。
三経ともにその名かはりたりといへども、
そのこころはただ他力の一心をあらはせるこころなり。
されば信心といへるそのすがたはいかやうなることぞといへば、
まづもろもろの雑行をさしおきて、
一向に弥陀如来をたのみたてまつりて、
自余の一切の諸神・諸仏等にもこころをかけず、
一心にもつぱら弥陀に帰命せば、
如来は光明をもつてその身を摂取して捨てたまふべからず、
これすなはちわれらが一念の信心決定したるすがたなり。
かくのごとくこころえてののちは、
弥陀如来の他力の信心をわれらにあたへたまへる御恩を報じたてまつる念仏なりとこころうべし。
これをもつて信心決定したる念仏の行者とは申すべきものなり。
あなかしこ、あなかしこ。
  [文明第五、九月下旬のころこれを書く云々。]
1-13.jpg

******
一心にもつぱら弥陀に帰命せば、
如来は光明をもつてその身を摂取して捨てたまふべからず、
これすなはちわれらが一念の信心決定したるすがたなり。
うーーーん?分かるかなぁー。一般人に・・・・。
疑問1 一人で弥陀に帰命すればよいのかどうか?
    帰命の方法は?いつ?どこでどのようにすればよいのか。
疑問2 如来の光明によって摂取して捨てないとある。
    帰命したならばとある。
    誰がどのようにしてくれるの?
    一人でできる?
あはは、信心決定する事は分かったけど、
どこへいけば信心決定してもらえるのか?
答えは後の御文章に記されているぞ!!!!
楽しみ、たのしみ・・・・・。
なむあみだぶつ、なむあみだぶつ 合掌



在家無知の身

一帖目第一二通
 そもそも、年来超勝寺の門徒において、
仏法の次第もつてのほか相違せり。
そのいはれは、まづ座衆とてこれあり。
いかにもその座上にあがりて、
さかづきなんどまでもひとよりさきに飲み、
座中のひとにもまたそのほかたれたれにも、
いみじくおもはれんずるが、
まことに仏法の肝要たるやうに心中にこころえおきたり。
これさらに往生極楽のためにあらず。ただ世間の名聞に似たり。
しかるに当流において毎月の会合の由来はなにの用ぞなれば、
在家無智の身をもつて、いたづらに暮しいたづらに明かして、
一期はむなしく過ぎて、つひに三途に沈まん身が、
一月に一度なりとも、せめて念仏修行の人数ばかり道場に集まりて、
わが信心は、ひとの信心は、
いかがあるらんといふ信心沙汰をすべき用の会合なるを、
ちかごろはその信心といふことはかつて是非の沙汰におよばざるあひだ、
言語道断あさましき次第なり。
所詮自今以後はかたく会合の座中において信心の沙汰をすべきものなり。
これ真実の往生極楽をとぐべきいはれなるがゆゑなり。
     あなかしこ、あなかしこ。
  [文明五年九月下旬]
1-12.jpg

******
昔の人も、現代人も同じか。
人より良く思われたい、見られたい。
信心を得ても、あまり変わらない事を嘆いている。
あぁーーなんたることかと・・・。
もっと、お互いの信心を確認し合えと!
そのための集まりだぞと・・・。
うーーむ!
地位、名誉、財産、権力を得ようと
人生の目標に掲げ頑張る・・・・。
死ぬときは生まれた時と同様、丸裸だぞ。
無一随者。
持っていくのは、生きてるときの善業、悪業のみ!
その結果で、未来が決まる!
己の未来は、佛のみぞ知る。
南無阿弥陀仏 なむあみだぶつ 合掌

電光朝露の夢幻

一帖目第十一通
 それおもんみれば、
人間はただ電光朝露の夢幻のあひだのたのしみぞかし。
たとひまた栄華栄耀にふけりて、
おもふさまのことなりといふとも、
それはただ五十年乃至百年のうちのことなり。
もしただいまも無常の風きたりてさそひなば、
いかなる病苦にあひてかむなしくなりなんや。
まことに死せんときは、
かねてたのみおきつる妻子も財宝も、
わが身にはひとつもあひそふことあるべからず。
されば死出の山路のすゑ、
三塗の大河をばただひとりこそゆきなんずれ。
これによりて、ただふかくねがふべきは後生なり、
またたのむべきは弥陀如来なり。
信心決定してまゐるべきは安養の浄土なりとおもふべきなり。
これについてちかごろは、
この方の念仏者の坊主達、仏法の次第もつてのほか相違す。
そのゆゑは、門徒のかたよりものをとるをよき弟子といひ、
これを信心のひとといへり。
これおほきなるあやまりなり。
また弟子は坊主にものをだにもおほくまゐらせば、
わがちからかなはずとも、
坊主のちからにてたすかるべきやうにおもへり。
これもあやまりなり。
かくのごとく坊主と門徒のあひだにおいて、
さらに当流の信心のこころえの分はひとつもなし。
まことにあさましや。
師・弟子ともに極楽には往生せずして、
むなしく地獄におちんことは疑なし。
なげきてもなほあまりあり、かなしみてもなほふかくかなしむべし。
しかれば今日よりのちは、
他力の大信心の次第をよく存知したらんひとにあひたづねて、
信心決定して、その信心のおもむきを弟子にもをしへて、
もろともに今度の一大事の往生をよくよくとぐべきものなり。
      あなかしこ、あなかしこ。
   文明五年九月中旬
1-11.jpg

*****
人間の命は、電光朝露のように、一瞬に光って消える稲妻、
朝、葉の上にできる露も、
太陽が昇ればすぐに消えてしまう間らしい。
佛の世界から見れば、人間の寿命は、
アッという瞬間らしい。
それを、お文では、冒頭に
「人間はただ電光朝露の夢幻のあひだのたのしみぞかし。」
いかに人生を謳歌しても、わずかの間だと言い、
この世のものは、何も持っていけない。
蓄えた財産も、いとおしい妻も子も死に至っては何の力にならない・・・。
ただ一人死出の山路に向かうのみだ。
その行く未来は・・・・・?→→地獄?
地獄はいやだよな!
ではどうすればよいのか?
他力の信心の次第をよく存知した人を訪ねて
信心決定すればよいらしいが・・・。
  金は貯めて置いていく
  罪は作って持って行く
  法は聞かずに堕ちていく
どこかできいたなぁーーー。
南無阿弥陀仏、なむあみだぶつ 合掌
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

野球じぃーじ復活!

Author:野球じぃーじ復活!
還暦を迎えて6年目!
体は老いても心は青春!
生涯青春!
【唯心の弥陀・己身の浄土】

ランキング挑戦中!
クリックして ランキングアップ応援を! ↓↓
今日までの訪問者(2011.1start!)
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
プロバイダの比較をするならここ