みんなで助けなくては!

大変なことになってしまった。
地震発生からテレビを見ていたが、だんだんと地震の脅威が伝えられた。
最初は、それほどと思っていたが、今日の災害の結果をみていると、言葉も出ない。
なんとかしなくては・・・・。
災害義捐金も、早々にあちこちで受付を始めている。
みんなの小さな援助が、災害地の人々を救う!
みんなで、参加しよう!出来ることから、気がつくことから・・・。
本当に、今更ながら津波の恐ろしさを知らされた感じだ。
幼少の頃、伊勢湾台風があったが、そのときに上流の堤防が決壊して、
母と兄たちと避難したのを思い出す。
父は一人の残って、上流から流れてくる漂流物が家に当たらないようにと、
一人で奮闘したということだった。お陰で我が家は床上浸水で難を逃れることができたと、
当時の父は語っていた。
翌朝になると、家の回りは、漂流物で一杯だったのを覚えている。
我が家は堤防から100m位離れていたが、裏の堤防付近には数戸の家があったように思う。
それらの家が流されたようで、フトンやら畳等、生活用品が散乱していた。
小さいながらもその当時の光景は、今も心に刻まれている。
地元の消防団員の人たちが戸板に、流されて亡くなった人を運んでいる光景も、
この目に焼き付いている。
今回の地震も、行方不明者が把握できないとまで報道している。
町毎消え去っている。
被災者の談話に、疑獄絵図とまで言っているのが印象的だった。
帰る家がない、消息不明、死者が・・・・。
少しでもみんなの善意で、力付けてあげなくては・・・。
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

野球じぃーじ復活!

Author:野球じぃーじ復活!
還暦を迎えて6年目!
体は老いても心は青春!
生涯青春!
【唯心の弥陀・己身の浄土】

ランキング挑戦中!
クリックして ランキングアップ応援を! ↓↓
今日までの訪問者(2011.1start!)
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
プロバイダの比較をするならここ