『一大事』

一帖目第五通
 そもそも、当年より、ことのほか、加州・能登・越中、
両三箇国のあひだより道俗・男女、群集をなして、
この吉崎の山中に参詣せらるる面々の心中のとほり、
いかがと心もとなく候ふ。
そのゆゑは、まづ当流のおもむきは、
このたび極楽に往生すべきことわりは、他力の信心をえたるがゆゑなり。
 しかれども、この一流のうちにおいて、
しかしかとその信心のすがたをもえたる人これなし。
かくのごとくのやからは、いかでか報土の往生をばたやすくとぐべきや。
一大事といふはこれなり。
幸ひに五里・十里の遠路をしのぎ、この雪のうちに参詣のこころざしは、
いかやうにこころえられたる心中ぞや。千万心もとなき次第なり。
所詮以前はいかやうの心中にてありといふとも、
これよりのちは心中にこころえおかるべき次第をくはしく申すべし。
よくよく耳をそばだてて聴聞あるべし。
 そのゆゑは、他力の信心といふことをしかと心中にたくはへられ候ひて、
そのうへには、仏恩報謝のためには行住坐臥に念仏を申さるべきばかりなり。
このこころえにてあるならば、このたびの往生は一定なり。
このうれしさのあまりには、師匠坊主の在所へもあゆみをはこび、
こころざしをもいたすべきものなり。
これすなはち当流の義をよくこころえたる信心の人とは申すべきものなり。
         あなかしこ、あなかしこ。
  [文明五年二月八日]

**この御文章の写経ならぬPC打ちも、案外大変だ。
これで5日連続で、がんばっているが・・・・。
八十通の五帖御文であるから、一日一通書いても、
八十日かかる予定だ。サボるのを入れると、うーーん・・・・?

当時も、信心を得る人が希であると嘆かれている。
まして、現代においてはいかがなものか?
一度坊主に聞かなくては。
「信心決定」していますか?と・・。

「しかしかとその信心のすがたをもえたる人これなし。
かくのごとくのやからは、いかでか報土の往生をばたやすくとぐべきや。
一大事といふはこれなり。」
往生できるかどうか!これが一大事であると。
物見遊参で、参詣しておっては何にもならん。
あちこちの有名なお寺は、今は拝観料を払わないと入れない。
見て廻って終わり。坊主は一大事を説いていないなぁーーー。
     
     合掌  南無阿弥陀佛  なむあみだぶつ

1-5.jpg





カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

野球じぃーじ復活!

Author:野球じぃーじ復活!
還暦を迎えて6年目!
体は老いても心は青春!
生涯青春!
【唯心の弥陀・己身の浄土】

ランキング挑戦中!
クリックして ランキングアップ応援を! ↓↓
今日までの訪問者(2011.1start!)
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
プロバイダの比較をするならここ