念仏

明日ありと思う心のあだ桜
夜半に嵐の吹かぬものかは


解釈・・・明日があると思い込んでいる気持ちは、
いつ散るかもしれないはかない桜のようです。
夜に嵐が吹くかもしれないのに

親鸞上人の歌
(1173年 - 1262年)は、鎌倉時代前半から中期にかけて活動した日本の僧である。
浄土真宗の宗祖とされる
親鸞聖人は、九歳で出家します。
出家のため訪れた寺、青蓮院に着いたのは夕方でした。
「今日はもう遅いから式は明日にしよう」と言われたとき、
この歌を歌った、と言われています。
明日まで待てない、夜半に何事か起こるかも分かりませんから、
これから得度(入門)の式を願いたいと頼んだそうです。
一晩越せば明日があるものと思い込みがちですが、
人間はいつ死ぬか分からないのだ、だから毎日悔いのないように生きたい、と思ったのでしょう。
いつまでもあると思うな命とお金・・by仏教徒の初老の紳士

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

野球じぃーじ復活!

Author:野球じぃーじ復活!
還暦を迎えて6年目!
体は老いても心は青春!
生涯青春!
【唯心の弥陀・己身の浄土】

ランキング挑戦中!
クリックして ランキングアップ応援を! ↓↓
今日までの訪問者(2011.1start!)
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
プロバイダの比較をするならここ